すなおな日々

菊一です 猫が好きです 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続 池島

さて、池島は今日も続きます。

IMG_3484.jpg
怪しい雲の流れのこの日池島までの行きの船は海上タクシーで船酔いを覚悟して乗りました。

IMG_3487.jpg
操縦席

IMG_3491.jpg
私がカメラを持っていたら船頭さんの助手さんが撮ってくださいましたが窓の波しぶきにピントが合ってしまってます^^;
真ん中にぼんやり見える島影。

IMG_3495.jpg
揺れる、傾く海上タクシー

IMG_3514.jpg
海上から見た炭鉱跡

池島炭鉱は海底の石炭を掘っていたので北九州で見たことのある”ボタ”と呼ばれる盛土は見当たりません。
池島を始め、長崎には高島、端島(”はしま”と読む。今は”軍艦島”として観光化されている)崎戸、松島の炭鉱があり良質の石炭が採れていたそうですが、安い外国産の石炭におされ炭鉱は閉鎖されてしまいました。
高島、崎戸、松島は今も人は住んでいますが端島は島民総引き揚げなのできっと置き去りにされた猫たちもいたと思います。

池島を管轄する外海町は遠藤周作記念館もあり、隠れキリシタンの歴史のある地域なので宗教的にも生き物に優しい町という印象のある地です。
4年前の市長選の只中で銃弾に倒れた伊藤前市長もたってのご希望でお墓を建立された理由も「海が見えるから」という理由だけではないと思います。

炭鉱という危険なお仕事が主な産業の島の住人が猫に無関心であったり「猫困り」だけど、お世話をするという理由もそんな地域性もあるのかしらんなどと1人思う私でした。

島国日本では猫問題はここだけの問題ではないと思うので今後島民の意向を聞きながらどのような方法で猫を適正な数に持っていくか議論を重ねていかなければなりません。
今後も報告していきたいと思っています。


IMG_3516.jpg
賑やかさを感じるバス停の名前とは裏腹な静けさ。

IMG_3517.jpg
懐かしい丸いポストも健在。

IMG_3552.jpg
旧淡水化装置
日本でも数少ない、海水を真水に変える装置だそうです。
こういうのがあると昔の反映っぷりがうかがえます。

IMG_3532.jpg
ほとんど無人の炭鉱住宅がたくさんあります。

IMG_3533.jpg
人影はわたしたちだけ

IMG_3544.jpg
電柱の前の砂場は「びっこ」をかわいがるおじさんが管理している猫用トイレ。
手前には猫の休憩所でしょうか。

IMG_3557.jpg
とらきちさんとご挨拶中の猫たち

IMG_3575.jpg
帰りは大型なら2台は積載可能のこのフェリーに乗ります。

IMG_3607.jpg
梅雨明け1日前の空はめまぐるしく変わり帰りは「大船に乗る」とはこのことかと納得しながらのご帰還でした。


前記事へのコメント有り難うございました。





いつも有り難うございます。
↓そっと押してね。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
↓ 優しく押してね。
にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村
  1. 2011/07/11(月) 16:22:15|
  2. ねこ活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

島猫

すっかり雨も止んで長く待たず梅雨明け宣言されそうで真夏のようになりました。

そんな昨日、「長崎ねこの会」のとらきちさん動物管理センターの所長さん途中、行政センターの2名の方と合流し、池島に猫達の視察に行ってきました。
今日は写真が多く長い記事になっています。
今年3月の終わりに「さるねこふみ」のさるねこ父さんが記事にされていますのでそちらもご参考ください。
わたしなんかの記事よりより分かりやすく記事にされています。
記事はココ→


日本一の海岸線の長さを誇る長崎は宅地面積は少ないけど離島が多く、そんな離島は少子高齢化の波をもろにあおり島の人口と猫の数がほぼ同数なんて地域が有り、池島もそんな一つで島民の意向を聞きながら共存の方法を考えていく為の視察です。
滞在時間は3時間弱で特にねこの数が多い地域をピックアップして案内していただきました。


まずは
IMG_3483.jpg
待ち合わせは管理センターだったのでとらきちさんが引き出しを検討中の収容されていた子達を見学。
判りにくいけど3にゃんいます。

島に移動後最初に案内されたショッピングセンターへ。
IMG_3520.jpg
人慣れしている子達が多く、逃げるどころか熟睡中の子達が多いです。

IMG_3523.jpg
親子ですが右の母ねこは子猫に警戒心も教えなくてもいいほど島の人たちは無関心であったりねこに優しい人が多いようです。

IMG_3525.jpg
この地区は成猫も子猫も猫風邪の子が多いです。

IMG_3527.jpg
猫たちに餌をあげて、ここの案内役、ショッピングセンターにお勤めのご婦人が管理センターの所長に
「もう猫は全部引き取って連れて行ってよかよ。」
と、詰め寄り、子猫のシーズンで一気に増えての発言なのかどん引きの私。

島に獣医さんは居ないせいか、「避妊・去勢」で増やさせないことが出来るという考えは無いようです。

IMG_3531.jpg
母猫:「あたしの子達可愛いでしょ!?」

き:「間近で授乳中の野良母猫に聞かれたのは初めてかもよ?」




ここは少々問題の地区です。

IMG_3534.jpg
猫はどこに居るでしょうか?

IMG_3536.jpg
この子はわたしら一行をずーーっとこの体勢で見ています。

IMG_3538.jpg
写真では分かりにくいけど柵には鉄条網が張り巡らされています。
そもそも猫よけの”柵”はこの島で初見で、猫に困る「猫困り」さんではなく「猫嫌い」さん作らしく、「ずっと固まったままわたしらを見つめる猫」の内外飼いさんののお隣の家なのでこういう光景を見ると今後ネックになりそうで悩ましい所です。


「トラバサミ」と言う罠で左前足の手首から先をなくした「びっこ」
IMG_3549.jpg
「ザ・島のオヤジ」と言う感じのおじさんが可愛がっているようで、お話しもたくさん聞かせていただきました。
重症を負った「びっこ」はこの島で人間を警戒する唯一の猫かも知れません。

元々、ここ池島は炭鉱で栄えた島なのですが2001年の閉山後は人口の流出がとまらなくなりこのように猫の数と人口が同じ(最盛期には7、000人の島民が居たが、現在の人口は300人少々)くらいになりました。
繁殖力の強い猫達は増える一方ですが人間はと言うと、、、主な産業も廃止され人口が増えていくとは思えない地域です。

IMG_3563.jpg
どの地区もハーレム状態です。

IMG_3572.jpg
かっけー親分さんは猫団子にはなりません。

IMG_3577.jpg
ショッピングッセンターの餌やりさんと同じくここの餌やりさんも「一匹ずつ連れて行ってくれんね!」と、おっしゃる。目の前に猫が居るから餌をやる。と、いう方が多く居なくなると寂しいんでしょうが多すぎて困ってる「猫困り」さんが多いようです。

IMG_3585.jpg
公共の建物の入り口で爆酔してひくひくしています。
島民でないわたし達にも警戒しません。
右の親分さんはこの後現れた餌やりさんに見せる甘えたポーズが可愛かったです。

IMG_3595.jpg
兎に角ねこだらけ。

IMG_3598.jpg
そして猫困りさんも少々。




島の記事は続きます。。。











いつも有り難うございます。
↓そっと押してね。
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
↓ 優しく押してね。
にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村
  1. 2011/07/09(土) 17:28:54|
  2. ねこ活動
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。